「笑ってパフォーマンスしたくないんです」平手友梨奈が卒業ではなく"脱退"した理由の闇が深すぎて絶句…… | ZOETOMOnews

「笑ってパフォーマンスしたくないんです」平手友梨奈が卒業ではなく”脱退”した理由の闇が深すぎて絶句……

話題
スポンサーリンク

1月23日、アイドルグループ欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈(18才)がグループからの脱退を発表した。

 

 

今や超人気グループのセンターを務めてた彼女が唐突に

卒業ではなく”脱退”という形でグループを去ったその理由の真相について明かしていく

 

スポンサーリンク

平手友梨奈が起こしたとんでもない事件たち

「楽屋号泣事件」

2017年12月13日に生放送された「2017 FNS歌謡祭 第2夜」(フジテレビ系)の本番直前に事件は起きた。

現場にいたという欅坂関係者はこう語る・・

 

「事件は本番30分前に起こりました。平手さんが楽屋で待機しているときに突然泣き出したんです。そこにスタッフ含め関係者全員が集まり、事情を聞いてみると、『私、出演した方がいいですか? 今日出たくないです。笑ってパフォーマンスしたくないんです』と平手さんが言い出した。本番30分前でバタバタしていましたが、スタッフメンバー総出で必死で説得しました。

引用:文春オンライン

なんとアイドルにとって必須である笑顔を見せたくないと駄々をこねだしたのである

欅坂関係者は続けて

 

番組では5枚目のシングル『風に吹かれても』を披露する予定でした。これは今まで笑わないアイドルと言われていた欅坂46が“笑顔解禁”というコンセプトの曲でした。どうにかして出てもらいたいスタッフが、『では、今日は笑顔じゃないバージョンでいきましょう』と取り成して、なんとか場は収まりましたが、曲のコンセプト度外視で、メンバー全員笑顔を見せないよう指示がありました」

引用:文春オンライン

センター1人の駄々にメンバーもスタッフも振り回されるとは・・

↓証拠動画はこちら

本当に全員が笑っておらず、平手友梨奈は特に無感情な感じがしますね・・

 

 

 

MV撮影ドタキャン事件

2019年2月27日にリリースされた8thシングル『黒い羊』以降

欅坂はシングルを出していない

6thシングル『ガラスを割れ』:2018年3月7日リリース

7thシングル『アンビバレント』:2018年8月15日リリース

前回のシングルのリリース日の間隔を見ても

そろそろリリースされてもおかしくはない

 

その理由が

新曲に納得出来ず、平手友梨奈がMV撮影をドタキャンしたから

 

曲自体は取り終えていたものの、MV撮影には姿を現さなかった・・

「当日になって平手さんは現場に来なかった。慌ててスタッフが連絡すると『行きたくない』と……。平手不在で撮影を進めるわけにもいかず、結局その日の撮影はバラシ(中止)になりました。この9枚目のシングルは、すでに1度録り直しをしてリリースが遅れていたので、『このままじゃずっと新曲をリリースできないよ』とメンバーも不満を噴出させていた。運営側・制作側も含めて、平手さんをフォローする人は誰もいませんでした。それでも平手さん抜きでは何も始まらないのが、欅坂の現実でした」(同前)

引用:文春オンライン

欅坂の中でも認知も圧倒的なセンターがMVにいなければ当然ファンは疑問に思う・・
ならば最初からリリースしない方がいいという判断をしたのでしょう

 

国民的アイドルのセンターという立場を与えられた彼女は

天狗になり、自由奔放にグループと関係者を操りだした

・・という印象だが、ここまで彼女を変えてしまったのは

芸能界の恐るべき闇の部分が関係しているという・・

 

話題
スポンサーリンク
zoetomo0291をフォローする
スポンサーリンク
ZOETOMOnews

コメント

タイトルとURLをコピーしました